挽き具合の目安

おすすめの挽き具合の目安

grind

■豆のまま
コーヒーミルをお持ちの方はこちらを選択して下さい。

■細挽き
ウォータードリップ
(水出しコーヒー)

■中挽き
ペーパードリップ
アイスコーヒー
(ペーパードリップ)
サイフォン
(RANAのオススメ)
コーヒーメーカー

■中粗挽き
サイフォン
ネルドリップ

■荒挽き
金属メッシュフィルター
コーヒープレス

インドネシア マンデリン トバコ 200g

  • 深煎りマンデリンのフルボディ

    深煎りマンデリンのフルボディ

インドネシアのスマトラ島、北スマトラ州にある、TOBA(トバ)湖は、ほぼ赤道直下に位置し、南北100km、東西30kmの、世界最大のカルデラ湖です。

湖面の標高は900mですが、カルデラ湖の特徴として、湖の周囲一帯は、標高900mから1,800mの高原となっており、まさにコーヒー栽培の適地
と言えます。

湖からの霧の発生が多く、乾季でも降雨が時折ある気候のため、年間降雨量は2,500-3,000mmと、やや多いですが、これが独特のフ
レーバーを生む要因かもしれません。


オランダが、同地にアラビカ種のコーヒーを持ち込んだのが、17世紀末、インド経由でティピカ種がもたらされました。主にジャワ島、スマトラ島でプラン
テーション栽培され、オランダに大きな富をもたらしましたが、20世紀初頭の「さび病」の大流行で、アラビカ種の栽培が出来なくなり、ほとんどがロブスタ
種へと移行しました。

このとき、僅かにアラビカ種のコーヒーが生き残っていたのが、トバ湖南岸LINTONG(リントン)から、更に南の
MANDAILING(マンデリンと発音します)地区でした。

栽培していたのは、同地に住むBATAK(バタック)人の一族のMANDAILING族と言
われております。


MANDHELING 「TOBAKO」は、古くからの産地で、今なおティピカ系の樹が残っており、標高も1,200m以上の、トバ湖南岸のLINTONG(リントン)地区の豆にこだわって精選しています。サイズも7mm upに揃え、「昔ながらのマンデリン」の香りと苦味・コク、そして重厚なアフターテイストを守った逸品です。
200gのパックになります。おおよそ20杯程度お飲み頂けます。

1,500円

注文数 :
こちらの商品が再入荷した場合
メールでお知らせします。
メールアドレス お知らせメールを申し込む ・入力いただいたメールアドレスはショップ責任者に
告知されず、入荷お知らせメール以外には利用致しません。
・再入荷を約束するものではございません。 ・予約や取り置きをするものではございません。 ・ご購入は先着順と致します。

この商品を買った人はこんな商品も買っています

この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています

カートの中身

カートに商品は入っていません

ログイン・会員登録

会員登録で初回ポイント10倍!!

商品検索

お支払い方法

※6000円以上で送料無料!!
銀行振り込み又は代金引換に対応致します。

お問い合わせフォーム